IR推進法はインバウンド消費を見据えた財政改善を行おうという働きです。

IR推進法はどんな政策?

カジノ法案での財政改善イメージ

IR推進法」とは、観光施設、商業施設、宿泊施設等の特定複合観光施設を作ることを目的とした政策で、正式には「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」と呼ばれています。
簡単に言うと、“これから来るインバウンド消費を見据えた財政改善を行おう”という働きです。

 

しかしながら、今回のIR推進法の目玉となる施設に「カジノ」の建設が含まれていることが国民に大きな衝撃を与え、「カジノ法案」という通称で広く知れ渡る結果となりました。
治安や国民の生活に影響を与える懸念から、誘致に際して賛否の分かれる意見が飛び交う中で議論が進められている状態です。

 

現在可決されているIR関連法案と施策

世界的危機を前に、オリンピックを開催すべきか延期すべきかで世論は持ちきりです。
しかし、IR推進法による特定複合観光施設の建設、および日本初のカジノ設立についても、すでにいくつかの動きが見受けられます

 

現在すでに履行されている法案や施策について確認しておきましょう。

 

IR推進本部設置

「IR推進本部」とは、これより進められていくカジノ法案における中心的存在として発足された機関です。
本部長は総理大臣である安倍晋三氏で、内閣官房長官や、前国務大臣を構成員として迎え入れています。

 

これまでに全国を9ブロックに分けた上で、カジノ法案の方針や要請の確認が行われました。

 

IR整備法

「IR整備法」とは、IR施設を建設していくにあたって、必要な決まり事を調整するための法律です。
現行の刑法を適用すると、目玉である「カジノ設立」が“賭博罪”の権威性を大きく揺るがす存在になるとされています。

 

国が厳格に管理することで、賭博罪を侵害せずに例外的な措置を設ける事が出来るよう新たな法律が制定されました。

 

>>IR整備法によって決まったルールや日本人のみの制限とは

 

ギャンブル依存症対策

「ギャンブル依存症対策」とは、IR施設の設立に伴い国民がカジノに「病的なまでに熱中する恐れがある」と言う危険性における対策です。
予防や注意喚起はもちろんのこと、万が一依存症が発症してしまった国民に対してのフォロー体制が整えられました。

 

カジノ管理委員会

「カジノ管理委員会」とは、カジノの建設が完了した後の管理・運営における統率を取るための組織です。
健全な運営を取り仕切るため、ギャンブル依存症、マネーロンダリングなどの懸念に対して行われるアプローチにも期待されています。

 

IR推進法はカジノ法案の第一歩に過ぎない

カジノ設立への第一歩

現在カジノ法案は計画の半ばであり、オリンピックや新型感染症の影響で十分な情報が国民に流布されていません。
長期に及ぶカジノ法案において、IR推進法の成立は最初の一歩とされてます。

 

これからIR施設を設置する自治体や事業者を決める流れで、どのような展開を迎えるのか、政府の動向への注目が求められるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る