カジノにおけるゲームの種類や簡単なルールを併せてリストアップしました。

実際のカジノにはどのようなゲームがあるのか

IR法案が完了を迎えた暁には、カジノは多くの日本人にとって公営ギャンブルを除いた初めてのギャンブル施設に足を踏み入れる経験になることが予想されます。
しかし、ギャンブルなど経験の無い人が初めて施設を訪れて本当に楽しめるのか、不安なところです。

 

また、ギャンブルは偶然の勝負事のように思えますが、ある程度実力が絡むゲームもあります。
そのため、どのようなゲームがあるか事前に知っておくだけでも、他の初心者に比べて初めてのカジノを楽しむことが可能です。
実際に海外で運営されているカジノではどのようなゲームがあるのでしょうか?

 

>>IR法案って具体的にどんな法律?デメリットへの対策とは

 

カジノにおける代表的なゲームの種類

ポーカー

ポーカー

カジノにおける代表的なゲームの中で、高い人気を誇るゲームです。
プレイヤーは2~6人程度で行われ、ジョーカーを除いた52枚のトランプとチップを用意して行います。

 

5枚配られる手札を特定の役に揃え、より強い役を持っていた人にチップが配られるというルールで、運要素だけで無く実力が絡む頭脳ゲームという認識が人気を集める理由となりました。

 

バカラ

バカラ

ポーカー同様トランプを使用するゲームです。
しかし基本的なルールは単純明快で「両隣に並べられた2枚あるカードの内、どちらのカードが9に近いかを当てる」だけとされています。
駆け引きは無く、完全なギャンブルになるこのゲームはカジノの中で王様のような存在です。

 

スロット

スロット

カジノの定番ゲームとして古くから存在する伝統的なゲームです。
現金を投入し、レバーを操作するだけでプレイが可能な運任せのゲームとされています。
細かいルールを理解する必要無く誰でもプレイできる上に、ジャックポットという大当たりの倍率は非常に魅力的で、ユーザーを魅了する存在として愛されているのです。

 

ルーレット

ルーレット

カジノのイメージ画像として頻繁に用いられるほど有名なゲームです。
数字や色などを指定してお金を賭けることで、ルーレットが指し示す結果によって賭けたお金が増減するというルールとされています。

 

人気度合いが地域によってはっきりと分かれているようですが、人気のある地域では“カジノの女王”と呼ばれるほどプレイヤーを熱狂させるゲームです。

 

日本で扱われるゲームに注目が高まる

日本で運営される予定のカジノで取り扱われるゲームの種類は、未だ確定していません。
しかし、2017年段階でカジノにおいて人気の高いゲームである“ポーカー”は、高い可能性で除外される流れとされています。

 

ゲーム種類の選定は刑法との兼ね合いで、センシティブな問題として扱われていました。
しかし、選定は最も優先すべき経済効果の最大値を考えた決断が求められています。
国民の期待に応えられるのかどうか、今後の局面に注目が高まるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る